金買取、ブランド買取など、買取の情報なら、【買取情報バンク】

プラチナ(白金)の用途

Posted By on 2012年9月3日

宝飾品として用いられることもありますが、化学的に非常に安定していて酸化されにくいということもあり、融点が1,769 °C(理化学辞典)というように高いために、例えば電極であったりるつぼ、白金耳、度量衡原器(キログラム原器、メートル原器)などとして使われることもあります。
(さらに…)

金の価値

Posted By on 2013年1月22日

金というのは、非常に希少性の高い資源であるといえます。それは、宝飾品として使われることもありますが、地銀や金貨のほかにも、コンピューター、産業のための資源として重要な役割を持っているのです。ですが、地球上に埋蔵されている金の量には限界があります。いずれは、現在流通しているような金でも再利用をしていく必要があるとも考えられています。金は、世界中で普遍性を持っている金属であり、価値が安定しているものでもあるのです。 (さらに…)

金の価格の決まり方

Posted By on 2013年1月16日

金は、トロイオンスという国際価格があります。1トロイオンスの価格は米ドル建てで表示され、ドルの金価格が為替レートに応じて円価格に換算されます。それが、最終的な日本の中での金の価格になるのです。
金の価格が決定されるのは、需要と供給のバランスに非常に関係があります。まず需要が高まった場合、品薄が懸念されることで金の価格は上昇し、供給が増えることによって供給が過剰になることで金の価格は下がっていきます。
(さらに…)

金閣寺の金箔は分厚い!

Posted By on 2013年1月8日

通常、金箔の厚みというのは、0.1ミクロンといわれています。
非常に薄いという性質がこの金箔なのです。
しかし、あの金閣寺も金箔張りの建物ですが、その金箔もこれだけ薄いものになっているのでしょうか。
(さらに…)

プラチナ(白金)とは

Posted By on 2012年12月26日

白金というのは、原子番号では78の元素にあたり、元素記号はPtです。これは、白金族元素の一つになります。
学術用語として適しているのは白金というものですが、現在の日常的な呼び方では、プラチナといわれることも多くなっています。
(さらに…)

金とプラチナの値段差

Posted By on 2012年12月20日

金とプラチナというのは、どちらも宝飾品、工業用の金属として、高い需要が存在しています。
どちらも人気の高い金とプラチナですが、最近では市場相場として、プラチナのほうが金よりも値段は高くなってきています。
では、なぜプラチナのほうが金よりも値段が高い状態になっているのでしょうか。
(さらに…)

金の通貨・投資対象としての利用

Posted By on 2012年12月13日

金は、資産運用のための投資の対象となっていることもありますが、その理由としては次のものが考えられます。
まず、換金性が高いものであること。
そして金そのものが価値を持っている実物資産であること。
(さらに…)

金の純度

Posted By on 2012年12月6日

金の純度というのは、24分率によって表現をすることになります。この場合、純金については24金、24カラット、もしくはK24というように表現をすることになります。金が含まれている割合が高まることによって、この数字が変わっていきます。例えば、18金の場合には含有率は、18/24、つまり75%であるということになり、装飾品には750という刻印がされます。
(さらに…)

ダイヤモンドの価格の成り立ち

Posted By on 2012年11月29日

ダイヤモンドの相場価格というのは、まずダイヤモンドそのものの需要と供給、
外国為替相場、流通経路という三つの要素が主な要因となって決まっていきます。

そして、さらにそこにダイヤモンドそのものの価値が入ってくることになります。
(さらに…)

食用金箔って本当に食べて安全?

Posted By on 2013年1月29日

金箔というのは、食べても問題はないものです。
金箔は酸化することもなければ腐食もしないために、たとえ食べたとしてもそのまま出てくることになります。
胃酸でも溶けることがなく、唾液でも変質するということがありません。
(さらに…)